ムーミンのフィギュアチョコレートを購入! 可愛い見た目の気になる味は?

muumi-suklaahahmot-0

東京スカイツリータウン・ソラマチにあるムーミンハウスカフェでお土産を買いました。

なにを買ったのかというと、チョコレート! ムーミンの形をしたフィギュアチョコレートを購入しました!

Amazonで手に入るなら特別ここで買わないのですが、見覚えがなかったチョコレートを発見。480円という価格だったので、自分用のちょっとしたお土産用に。持ち帰って食べてみたので感想レビューをお届けします!

ムーミンのフィギュアチョコレート

muumi-suklaahahmot

ブルーのパッケージが特徴的。
中央には、ムーミンの世界に登場するキャラクターが見え隠れしています。

フィギュアチョコレートの正式名称は「MUUMI Suklaahahmot」。

Suklaahahmot(読み方が分からない)とはどんな意味なのか。調べてみるとフィンランド語で「チョコレートの数字」「チョコレートのアバター」ということが分かりました。

ムーミンのチョコレートのアバターと訳すと、なんだかしっくりきますね。日本でフィギュアチョコレートと呼ばれているのも頷けます。

少し話が逸れましたが、開封してみましょう!

muumi-suklaahahmot-1

muumi-suklaahahmot-2

チョコレートがキャラクターのシルエットになっているだけではなく、ちゃんと顔も描かれていますね! かわいい!(*^^*)

全部で12体のキャラクターがいました。

  • ムーミントロール
  • ムーミンママ
  • ムーミンパパ
  • フローレン
  • リトルミィ
  • スナフキン
  • スティンキー
  • モラン
  • スニフ
  • ニョロニョロ
  • 署長さん
  • フィリフヨンカ

食べてみた感想

muumi-suklaahahmot-3

さらに開封してチョコレートを取り出して食べてみると・・・

…うん。

味はいたって……普通だ。

特別美味しいというわけでもなければ、めちゃくちゃ不味いというわけでもない…。リアクションに困る感じでした…。

その原因として、原産国がオランダだからなのか、日本人の舌に合うよう作られているわけじゃないのかもしれないですね。。形が可愛いだけに味とのギャップがあって、正直言って微妙でした。

とはいえ個人差があると思うので、一度食べてみるといいかもしれません。個人的にはムーミン好きの友達には話のネタに勧められるかな…といったところ。食べて楽しむというより、見て楽しむチョコレートだと思いました。